不妊治療の基礎知識

子供を授かる妊娠とはどのように起こるのでしょうか。

大まかな説明をしますと妊娠は成熟した卵子が卵巣から排卵し、この卵子が卵管に取り込まれ、膣から子宮を通って泳ぎついた精子と受精し、受精した受精卵子が子宮に運ばれ、子宮に着床し、成長を始めると妊娠ということになります。

細かく見ていくと女性の体内で排出された卵子は、およそ24時間は腹腔から子宮の間にいますが、この間に精子と受精が行わなければ次の月経で子宮内膜と一緒に体外へ排出されます。

また精子は、女性の体内に射精されてから10秒間に1mmぐらいの速度で、子宮の入り口から卵管の端まで約23cmの距離を、平均で3日間の間卵子の元へ泳いで行きます。稀に1週間ほど泳ぎ続ける精子もいて、排卵予定日と受精日がずれることもあります。
卵子に到達した精子たちは、精子の先端にあるヒアルロニデースという特別な酵素で、透明帯を少しずつ溶かして受精を試みます。一匹の精子が持っている酵素の量では透明帯を破ることはできず、何匹もの精子が透明帯に接触して一匹だけが卵子の中にはいることができるのです。頭が卵子の中にはいると尾は外側に取り残され、それ以上精子が入ることができないように透明帯の性質が変わり受精卵が誕生します。受精卵は卵管の中を細胞分裂して増えていきながら、3日間かけて子宮に運ばれ、成熟した受精卵は子宮内膜に着床しますが、子宮に到達しても受精卵は7日目までは、子宮の内側に浮かんでいて7日目に子宮内膜に潜り込み着床となります。 もし7日目までに子宮に到達しないと子宮外妊娠になります。

 

では不妊症とはどの様なことなんでしょうか。

女性の社会進出や晩婚化によって出生率は低下しています。もしあなたが子供が欲しいのになかなか子どもができないとしたら、不妊症を疑うかもしれませんが、赤ちゃんを授からないこと=不妊とは言い切れません。 また不妊症にかかってしまったと考えるかも知れませんが不妊症は病気ではなく、妊娠を望んでいるのに妊娠しない状態をさし決して病気ではありません。

日本では妊娠を希望している夫婦が2年以上特に避妊を行わずに一般的な夫婦生活を送っていても子どもができない状態を不妊症と定義しています。 しかも世界によって異なり、イギリスやアメリカでは1年経っても妊娠されない場合を不妊症と定義するのが一般的です。 ですから2年というのはあくまで目安で、あまりこだわる必要はありません。

妊娠は年齢を重ねるごとに難しく、検査や治療は生理の周期に合わせて行う事が多く長い時間を必要とするので、不妊と診断されていなくても治療を受けられます。2年たっていなくても、妊娠の努力はしているが妊娠しない場合は早めに治療を受けた方が妊娠の確立は上がります。 ただし日本では、不妊治療を受ける際は法律的に結婚している夫婦であるかどうかが重要になり、海外では事実婚や独身者や同性愛者でも体外受精治療を受けることができますが、日本では法律上の夫婦でないと治療を受ける事は出来ません。

また不妊治療は妊娠する可能性が0でなければ治療を受ける事は可能ですが、治療を受けると100%妊娠するものではありません。生命の誕生にかかわる事に、人口の技術は使用したくないと判断し二人の時間を大切にしようと判断する夫婦もいます。不妊治療には時間もお金もかかるので、自分やパートナーだけでなく、周りの環境も考え、依存しすぎず慎重に選択して下さい。

 

女性の体の仕組み器官

妊娠で重要な女性の器官に卵巣があります。卵巣の重要な働きは、卵子を育てて周期的に排卵することで、左右に分かれている卵管の下の小さな卵のような形をしているのが卵巣です。
卵巣は子宮や卵管と内部で繋がっているのではなく、腹腔にじん帯で固定されており、排卵された卵子は一度腹腔に落ちてから、卵管に拾われているのです。

卵管は子宮の上部から左右に伸びている子宮とお腹をつなぐ細い管で、先端部分がラッパ状になっており、内部は弱アルカリ性で卵子が過ごし易い環境になっています。卵管の先端にあるラッパのような形をした部分は、卵管采といい、排卵された卵子をここから卵管の中にやさしく取り込みます。卵管は、精子と卵子が出会う場所であり、受精が行われます大切な場所です。また受精卵が成長しながら子宮へ向かう通り道でもあります。卵管内部は繊毛が生えており、卵子は精子と違って移動能力はなく繊毛と卵管の運動で卵子は移動します。 子宮は膀胱と直腸の間にあり、骨盤の底の部分に固定され、逆三角形の広く膨らんだ子宮体部と細くくびれた大きなヒダのある子宮頸部に分かれていて、上部からは左右に卵管が伸びています。

子宮は受精卵が着床し、出産の時まで10ヶ月近い間胎児を守り育てる特別な臓器です。受精卵が子宮内膜に着床すると、子宮内膜の構造に変化し、羊膜や血管などがつくられはじめます。子宮内膜は胎児を守り育てる臓器ですから、他の部分に比べて子宮内膜の壁は分厚くしっかりしています。

 

では不妊症とはどの様なことなんでしょうか。

女性の社会進出や晩婚化によって出生率は低下しています。
もしあなたが子供が欲しいのになかなか子どもができないとしたら、不妊症を疑うかもしれませんが、赤ちゃんを授からないこと=不妊とは言い切れません。 また不妊症にかかってしまったと考えるかも知れませんが不妊症は病気ではなく、妊娠を望んでいるのに妊娠しない状態をさし決して病気ではありません。

日本では妊娠を希望している夫婦が2年以上特に避妊を行わずに一般的な夫婦生活を送っていても子どもができない状態を不妊症と定義しています。 しかも世界によって異なり、イギリスやアメリカでは1年経っても妊娠されない場合を不妊症と定義するのが一般的です。 ですから2年というのはあくまで目安で、あまりこだわる必要はありません。

妊娠は年齢を重ねるごとに難しく、検査や治療は生理の周期に合わせて行う事が多く長い時間を必要とするので、不妊と診断されていなくても治療を受けられます。2年たっていなくても、妊娠の努力はしているが妊娠しない場合は早めに治療を受けた方が妊娠の確立は上がります。 ただし日本では、不妊治療を受ける際は法律的に結婚している夫婦であるかどうかが重要になり、海外では事実婚や独身者や同性愛者でも体外受精治療を受けることができますが、日本では法律上の夫婦でないと治療を受ける事は出来ません。

また不妊治療は妊娠する可能性が0でなければ治療を受ける事は可能ですが、治療を受けると100%妊娠するものではありません。生命の誕生にかかわる事 に、人口の技術は使用したくないと判断し二人の時間を大切にしようと判断する夫婦もいます。不妊治療には時間もお金もかかるので、自分やパートナーだけで なく、周りの環境も考え、依存しすぎず慎重に選択して下さい。

 

女性の体の仕組み生理

女性の体は、ホルモン物質によって身体環境が常に変化しており、妊娠する為には様々なホルモンが適切な時に分泌されて的確に作用します。妊娠には男性と女性様々な事象が完璧に働く必要があり、生命が宿る女性の妊娠する為に働く器官を知っておくことは、とても大切なことです。 女性は生理が始まると、ホルモンの働きが活性化して卵巣や子宮のなかで妊娠に向けた準備が進められます。

このホルモンのバランスをコントロールしているのは脳の中の視床下部と呼ばれるところが、体の様々な働きをコントロールする重要なホルモンを分泌する下垂体に指令して、下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌し卵巣の機能を調節します。ストレスなどにより生理不順を起こすのは、司令塔である視床下部がストレスで上手く働かなくなる為です。 下垂体に分泌された性腺刺激ホルモンは、卵巣中の未熟な卵子に働きかけて成熟を促します。卵子は生理の周期ごとに一から作られるものではなく、卵巣の中に生まれた時から持っていて初潮の時は約3~5万個あり、全部なくなると閉経となります。

卵子が成熟する時、卵子を包んでいる卵胞が大きくなります。1回の月経周期では15個から20個の卵胞が成熟し、同時に卵胞から子宮内膜を厚くするエストロゲンというホルモンが分泌されます。成長した卵胞の内、一つだけが残りここから卵子が飛び出す排卵が起こります。エストロゲンの分泌と同時にプロゲステロンという黄体ホルモンもつくられ受精卵が着床しやすくなるように子宮内膜を整えます。 黄体は約2週間持続し、この間に排卵された卵子が受精、着床せずに黄体が退行すると、子宮では次の妊娠に備えて子宮内膜が剥がれおちて血液とともに体外に排出されます。これが毎月の生理の仕組みです。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.