不妊症の原因

不妊症といっても人によって異なり、原因は様々あります。

妊娠というと女性のイメージが強く、従来は女性の問題であると捉えられがちでしたが、実際には女性に原因がある場合が約41%、男性に原因がある場 合は約24%、 男性と女性の両方に原因がある場合が同じく約24%、原因不明の場合が11%と世界保健機関の調べで分かっています。

この事からもわかるように、女性、男性それぞれの検査と、二人で行う検査もあり不妊治療は女性、男性のどちらかだけが受ければいいもの ではなく、二人の協力が必要です。 妊娠する事は子供を作ることであり、子供には父親も母親も必要です。仮にパートナーのどちらかに原因があったとしても、その事で相手を責めたり諦めたりせ ずに、共に支え合い、協力して治療に望む事が良い親になる第一歩です。それが出来ない場合、将来子供が出来たとしても言い親になるとは思えません。

妊娠が成立する為の条件は

に大きくわけられ、1つでも損なわれると妊娠しづらくなると言われています。また妊娠は協力して行われるのでお互いの免疫機能や酵素の適合性が関係する場 合もあります。女性の膣と男性の精液の相性が悪く、異物とみなされ全滅させられたり、卵子を覆う透明帯と精子の持つ酵素の相性が悪く精子が透明帯を突破で きない事があります。ちなみにこの場合の相性はお互いの体質によるもので、2人の相性とは関係ありません。

 

女性側にある不妊の原因 頚管因子障害

排卵日付近に頚質細胞から分泌される頸管粘液によって精子は膣から子宮内へ泳ぐ事ができます。この粘液の粘性不良によって精子が子宮内に侵入出来ない場合や、抗精子抗体の存在で精子を殺してしまうような症状を頚管因子障害といいます。 頸管粘液は頚質細胞から分泌され、膣や子宮体部から分泌されるおりものとは違います。 細菌やクラミジアなどによる炎症があると頸管粘液が異常に少なかったり、まったくなくなって精子が子宮へ到達できなくなります。

精子が子宮へ到達するには、精子自体に問題がなく運動能力や数が正常である事と、精子が移動する為の頸管粘液の状態が良いという条件が 必要になります。 先天的に頸管粘液が少ない人は頸管粘液を増やすためのホルモン療法 、細菌やクラミジアによる炎症が原因となっている場合の抗生物質の投与で治療が行われますが、ホルモン療法で改善が見られないと人工授精や体外受精が行わ れます。 頸管粘液には量の問題の他に、精子の状態は良好でも頸管粘液に精子の運動を阻害する抗精子抗体が存在している場合があります。抗体は、精子を動けなくする 精子不動化抗体と、精子を固める精子凝集抗体があり、特に精子不動化抗体の場合は治療が難しいとされています。また抗精子抗体が1度頸管粘液にできてしま うと、抗体が子宮腔や卵管などにも現れて精子の受精能力や運動能力を低下させます。

治療は精子との接触を一時的に避け抗体を作らせなくする方法もありますが、改善が困難な為、はじめから人工授精や体外受精をする人が多くいます。

 

女性側にある不妊の原因 子宮着床障害

卵子と精子が受精し受精卵ができても、なんらかの原因で受精卵が子宮内に着床できない事を子宮着床障害といいます。子宮着床障害はホルモン分泌の異 常や子宮自体の異常などの原因があり、受精卵の染色体異常や遺伝子の異常によって受精卵に着床する力がない事や、黄体機能不全、子宮奇形または子宮内膜症 等の影響で子宮内膜が薄かったり、まったくないなど着床する準備ができていない場合、子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどがあります。

黄体機能不全の場合、通常黄体ホルモンは子宮内膜の機能を良くして着床を助けたり、子宮の収縮を抑えて流産にならないように予防する働きがありますが、黄 体ホルモンが上手く働かない為、着床できずに不妊となります。排卵誘発剤や黄体ホルモン剤を服用することで比較的簡単に治療が出来、また冷え症やストレス から起こる事もあるので自身の生活習慣の見直しで改善される事もあります。

子宮筋腫は子宮の壁を形成する平滑筋細胞が部分的に集合してできた良性腫瘍で、筋腫が出来て子宮内膜にこぶができると、受精卵は着床し にくくなります。また着床でき、妊娠しても胎児が十分な栄養を得られなかったり、子宮が胎児の成長に合わせられない等の発育障害を引き起こします。 子宮は胎児形成期に形成されますが、成長過程に異常があり子宮奇形になってしまう事があり子宮の形態的な異常が習慣流産や着床障害を起こします。子宮奇形 には主に重複子宮、双角双頸子宮、双角単頸子宮、完全中隔子宮、不完全中隔子宮などがあり、手術が必要な場合もありますが、形態的な異常なので、無自覚で まったく問題がなく妊娠、出産する人も多いです。

 

女性側にある不妊の原因 排卵障害

排卵障害は排卵が順調に起こらない場合と、全く排卵が起こらない場合があり、卵子が育たない、もしくは育っても排卵できない状態のことを指し女性不 妊の大きな原因のひとつと考えられています。基礎体温をつけて、低温期と高温期に規則性がない場合は排卵障害である可能性が高いです。

排卵障害は卵巣機能低下や黄体化未破裂卵胞、多嚢胞性卵巣症候群また高プロラクチン血症などが原因と考えられています。 卵巣機能低下には卵巣の機能が低下し原始卵胞の数が減少したり、卵巣が小さくなって卵巣にあるはずの原始卵胞が、無くなってしまう場合や、卵子が成熟せ ず、早い段階で無くなってしまい排卵しなくなってしまう早期卵巣機能廃絶症という排卵障害も卵巣機能の低下で起こります。また卵子があっても、下垂体から 分泌される卵胞刺激ホルモンに反応しない場合もあります。卵子をつくる機能が低下すると、当然妊娠しにくくなり通常卵巣の機能は年齢を重ねる事で衰えます が最近では20代の人も卵巣機能低下は増加しています。

黄体化未破裂卵胞とは、基礎体温では高温期があり体温が上昇してるにもかかわらず、実際には卵胞がわれておらず排卵がされてない症状です。実は正常月経周 期を有する人の4.5~5.6%と人が散発的に起こっている事がわかっていますが、詳しい原因は不明です。 多嚢胞性卵巣症候群とは、卵胞があるていど育っているにもかかわらず、ホルモンの異常が原因で成熟卵胞になりきれずに排卵されなかったり、その結果卵巣の 表皮が厚くなってさらに排卵しにくくなる排卵障害です。卵子が溜まって卵巣が腫れる事があり、糖尿病の人や、肥満傾向にある人に多く見られます。

不妊治療では排卵誘発剤がつかわれ、妊娠を希望していなくてもホルモンの投与などが行われます。 プロラクチンは通常出産後に乳腺を刺激して乳汁を分泌させるよう働くホルモンですが、出産してないにもかかわらずプロラクチンの血中濃度が異常高値を示す 程分泌され、プロラクチンの作用で月経や排卵が抑制され排卵障害を引き起こしたり、受精卵の着床障害が起こる場合もあります。高プロラクチン血症になると 乳汁が出る人もいます。プロラクチンの数値が極端に高い場合は、ストレスが強い場合や、脳下垂体に腫瘍がみつかる場合があります。

 

女性側にある不妊の原因 卵管障害

卵管がつまってしまう卵管狭窄や卵管周囲の癒着などにより、卵子が卵巣から子宮へと移動できなくなったり、卵管が細くなって卵子が精子と出会える確立が低くなっている状態を卵管障害と言います。 卵管障害にはクラミジアや卵管水腫、子宮内膜症などの原因が考えられます。 クラミジア感染症は、日本では一番多い性感染症で性交によってクラミジア・トラコマティスという病原体に感染する病気です。

クラミジアに感染すると、子宮や卵管に炎症が広がり、卵管にある上皮細胞が傷ついて卵管狭窄や卵管の周囲の炎症による卵管癒着を引き起 こします。クラミジア感染症は、初期段階であれば抗生物質の投与で治療出来ます。性交渉で感染するので、治療は一人でなくパートナーと一緒に行います。

卵管水腫は卵管が完全に塞がることで卵管の先端部分の卵管采が閉じて、卵管中に膿等がたまり卵管がソーセージ状に腫れ上がる事をいいま す。卵管水腫になると、子宮にも水が流れ受精卵が出来ても流されて流産になりやすくなります。また卵管の両側が卵管水腫になると自然妊娠はほぼ不可能で す。手術で閉塞した卵管采を切り人工的に卵管采をつくる卵管開口術を行い、それでも改善が見られない場合は体外受精がとられます。 子宮内膜症は排卵期に増殖して厚くなり、受精がないと剥がれて生理として体外に排出される子宮内膜が子宮以外に出来る症状で、卵管に子宮内膜症が発症した 場合卵管がふさがり不妊の原因になります。生理痛に似た激痛や、性交痛があり生理ではなくても出血したりします。また、子宮内膜症が卵巣に発生するとチョ コレート嚢腫とよばれる嚢腫が出来て卵巣内に出血することになります。

子宮内膜症は症状が深刻であると腹腔鏡手術などで治療しますが、基本は薬物療法でなおり自然妊娠も可能なので、自覚症状や疑わしい時は早めに病院へ行きましょう。

 

女性側にある不妊の原因 膣

女性生殖器の入り口である膣に先天的に問題があり不妊となる場合があります。膣がないので、当然月経はなく、性行為や妊娠もできません。卵巣、子 宮、卵管があり、膣の一部が欠損している場合には人工的に手術で膣を造る事も可能ですが、子宮などに異常がある場合がほとんどなので自然妊娠はほぼ不可能 です。

処女膜閉鎖症は、正常な処女膜は完全に膣を塞いでいないのですが、先天的な異常により完全にふさがっている症状を言います。思春期にな ると膣や子宮に液体が溜まって腹痛を起こしたり、原発性無月経の原因となります。切開手術により正常な月経がはじまり、妊娠が可能な場合もあります。 また膣の形態に異常はなくても膣周辺の筋肉に起こる痙攣により、性交が出来ない為不妊となる可能性もあります。膣痙といい、自分の意志とは無関係で、外的 な刺激やストレスなどの心理的な原因で反射的に起こるので、性交中の場合に痙攣すると挿入した陰茎が抜けなくなる事もあり、射精が困難で妊娠が難しくなり ます。 また一般に性病と言われる性行為感染症によって膣に炎症が起こる場合があります。

カンジダ膣炎やトリコモナス膣炎、クラミジア膣炎が代表的で、初期段階であれば膣の炎症程度で済みますが子宮頸管や卵管、尿道などに炎 症がすすむ場合もあります。当然妊娠は困難になります。また妊婦がカンジダ膣炎やクラミジア膣炎にかかると早産や流産になる確率が高まる事がわかっていま す。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.