不妊症の治療

タイミング療法

排卵の直前が最も妊娠しやすい時期なので、夫婦生活のタイミングを排卵日にあわせて、自然妊娠の受精、着床の確立を高める不妊治療の最初に行う治療 で他の治療法に比べ最も妊娠に至る確率が高い治療法です。 タイミング療法は、排卵周期を基礎体温表で測りながら排卵の時期を予測して行います。排卵日は、一般的に次の生理が始まる2週間前とされていますが、卵巣 の状態や卵胞の育成環境によって、卵子が成熟するまでに数日の誤差が出る事もあります。タイミング療法は予想される排卵日の前後3日間に性交をもつのが効 果的とされているので、基礎体温を長期間つけて、病院で超音波検査や血液検査を受けるとかなり正確な排卵日を特定できます。 基礎体温は卵巣でのプロゲステロンの分泌の影響を受け、プロゲステロンは排卵前にはほとんど分泌されていませんが、排卵すると分泌されます。

プロゲステロンが分泌されると体温が約0.5度上昇するのを利用し月経周期では低体温を示し、排卵が起こった日をはさんで高温期になります。そのため、高温期に入る直前、低温相の終わりごろの中でも急に体温が下がった日を排卵日と予測します。 また病院で超音波監査により卵胞の大きさや子宮内膜を測定して排卵日を予測できます。個人差はありますが卵胞が直径2cmを超えると排卵が起きますし、排卵期を迎えると子宮内膜は肥厚するため、内膜の厚さを調べて排卵日を予測します。 他に血中の黄体ホルモンの濃度を調べて排卵日を予測する事も可能です。黄体ホルモンは排卵前に急激に分泌されるのでそれを調べて予測します。病院に行かなくても尿中の黄体ホルモンの濃度を測定するものも市販されています。

排卵日の予測が出来たら、男性とタイミングを合わせましょう。男性は何日も連続して射精すると精子の数が減り受精率が低くるので排卵予定日にあわせて調節し、排卵予定日の前後3日間の内2回の性行為で受精の確率がぐっと上がります。 不妊の治療 高度生殖医療 高度生殖医療は、一般不妊治療に比べて費用が高く、女性の体への負担や、生命の誕生に人間がどこまで踏み込んでいいのかという倫理観の問題、また試験管ベイビーという言葉に抵抗を感じる人が多くいると思います。 高度生殖医療は女性の卵巣内から卵子を体外へ取り出し、精子と人工的に授精させ、受精卵を体内に戻す事を言います。受精し子宮へ戻す事は人工的に行われますが、着床し、その後体内で成長していく過程は自然妊娠と同じです。

高度生殖医療は主に体外受精と顕微受精、腹腔鏡不妊治療の事をいいます。体外受精と人工授精は名前が似ているのでごっちゃになっている人もいますが、人工 授精とは採取した精液を、子宮に直接注入して、精子が卵子に受精しやすいところに入れる治療法で、受精は精子と卵子の力で行います。体外受精は卵子を取り 出して精子と受精させ培養し、細胞分裂が始まったら体内へ戻す治療法で、着床前までを人工的に行います。 体外受精は人工授精の5~10%に比べて妊娠率は20~30%と高まり、今まで妊娠は不可能であると言われていたカップルも妊娠が可能になった事は事実で す。 しかし保険適用外なので費用は全額自己負担になり、1回当たり30~50万円と高額であることや、排卵誘発剤などによる女性の負担、また卵子が変成する可 能性や、妊娠の確立を上げる為に複数個の受精卵を体内へ戻すので、胎児が生まれやすい事や体外受精で生まれた子への影響は解明されていません。

日本では年間約1万人の新生児が高度生殖医療で誕生していると言われています。本人たちの想いだけではどうしようもないのが妊娠で、高度生殖医療も妊娠への一つの手段ですが、メリットとデメリットを理解し、治療の検討をして下さい。

 

人工授精

不妊の原因が男性不妊または原因不明だった場合の不妊治療で行われるのが人工授精で、性交することなく精液を子宮内へ注入する不妊治療のひとつで、 迂回治療とも呼ばれます。人工授精には配偶者間人工授精(AIH)と非配偶者間人工授精(AID)の2種類があります。

人工授精は人間が手伝うのは排卵日のタイミングを狙って精子を子宮の奥へと注入する事だけで、受精は自然妊娠と同じく卵管で起こ り、その後の卵子の着床、発育も自然妊娠の状態と全く変わりません。 タイミング療法との違いは性交を介して精子を子宮へ送るか、性交なしで精子を子宮へ送るかの違いしかなく、排卵日のタイミングを合わせていれば、排卵誘発 剤の使用もなく、女性の負担が少ないので、何度でも挑戦できます。ただしタイミング療法と性交の有無以外に違うのは費用がかかる事です。人工授精は保険が きかず1回の治療に1~3万円位かかり、成功率も10~20%とけして高いわけではありませんが、約半数が6回までに妊娠します。しかし10回挑戦しても 妊娠しない場合もあります。

人工授精には2種類あり、男性側に造精能力や精路に異常があり、通常の性交で妊娠が出来なくても、男性自身の受精能力のある精子を 使って人工授精する配偶者間人工授精(AIH)と、男性側が無精子症などで受精能力のある精子を作れない場合に他人の精子を受精させる非配偶者間人工授精 (AID)があります。AIDは男性側に絶対的な不妊原因がある場合のみで、精子が一つでもあれば適応されません。またAIDで生まれた子供は、戸籍上は 夫婦の実子で医師により血液型などは合わされますが、 実際には夫との血のつながりがなく、治療を行う場合は夫婦でよく話合う事が大切です。

 

体外授精

高度生殖医療の一つで、妊娠率が高くはっきりと原因がわからない不妊症治療に大変有効であるとされています。近年は晩婚傾向にあり年齢が高い程妊娠する確率は低くなるので、体外受精という方法を選択する人も増えています。

体外受精は、まず女性は排卵日に合わせるか排卵誘発剤を用いて採卵します。男性は採卵の当日に精液を採取するか、事前に凍結保存し て当日解凍します。採卵した卵子と精子を受精させ、細胞分裂を始めた正常発育胚を子宮内へ戻します。この時着床率を高める為複数個の受精卵を子宮内へ戻し ますが、多胎妊娠の確立も上がる為、日本では移植胚数は原則として3個以下と決まっています。血液検査か尿検査で妊娠を確認し、妊娠の場合は自然妊娠と同 じ経過をたどります。

妊娠していなかった場合は、採卵時に凍結した卵子があれば再度体外受精を試みる事が出来ます。 体外受精にはいくつか重大なリスクがあり、排卵誘発剤を使用した場合卵巣過剰刺激症候群になる可能性があります。卵巣が膨れ上がって腹水や胸水などの症状 のほか、血液が濃縮して血栓症が起こり、結果脳梗塞や心筋梗塞などの生死にかかわる病気へ発展する恐れがあります。 また採卵時に、超音波で確認しながら採卵針を膣に入れて行いますが、出血のリスクが伴います。また麻酔による体の負担も出てきます。 成功率は年齢や、回数、病院などでかなり変化するので体外受精を検討してる場合は事前にきちんと調べてから行いましょう。

 

代理出産

女性の卵巣や子宮に異常がある場合に、男性の精子で第三者の女性に人工授精か体外受精し、子供を産んでもらうことを代理出産といい代理母出産とも言 います。現在日本では代理母への身体的負担などから代理出産は認められておらず、海外で実地するしか方法はありません。また海外で実地した場合も、日本国 内での戸籍など多くの問題があります。

代理出産は先天的に子宮のない女性や、病気や事故などで後天的に子宮を失った女性が、遺伝的につながりのある子供を得る唯一の方法 です。しかし、不妊治療は妊娠する可能性が0%ではない場合に行われ治療なので、子宮がなく妊娠する可能性が0%の女性がとる手段なので、代理出産は不妊 治療ではありません。 また子宮を借りるだけではなく、子宮はあるが卵子がない女性に、第三者の卵子とパートナーの精子の受精卵を着床させる場合や人工授精の一つである非配偶者 間人工授精(AID)など、第三者が介入する妊娠は代理出産以外にもあります。

しかし妊娠、出産をへて代理母が母性に目覚め子の引き渡しを拒否する事件は数多く起きており、倫理的問題や、代理母の母体の負担、遺伝的、家族的問題とそれによる子供の精神面の問題など数多くの問題があります。 現在までに海外で代理母による出産を選択した日本人夫婦は100組以上といわれ、ほとんどは代理母による出産とは明かさずに実子として出生届を提出して、認められているのが現状です。

 

排卵誘発法

排卵誘発法は排卵障害に為、排卵が起きにくくなっているとこに排卵誘発剤を使って確実に排卵させ、複数の卵子を成熟させる事で受精の確率を上げる方 法です。排卵誘発剤は、卵巣を刺激して排卵を促し、複数の卵胞を育てるなどの卵巣機能を高める薬剤です。 一般的なのはタイミング療法にも用いられる事のある、クロミフェン療法で視床下部を刺激し排卵を起こさせます。この薬を服用した場合は、排卵する確率は 80~90%で受精、着床する妊娠率は50~70%とやや低くなりますが、長い間排卵がない重症の排卵障害ではなく排卵が遅れたり、時々排卵がなくなった りする程度の症状ならきわめて有効な治療法です。 またクロミフェン療法による改善が見られない場合は、ゴナドトロピン療法という性腺刺激ホルモンを使った治療が行われます。

ゴナドトロピン療法は卵巣刺激ホルモンを使い、卵巣に直接働きかけて排卵を促すので脳や、視床下部に異常のある排卵障害に有効で、 この治療よって排卵率は90%以上で、そのうち妊娠に至るのは20~45%前後ですが、多胎の発生率は15~20%と高く、流産を起こす確率もクロミフェ ン療法に比べて高いです。 卵巣機能自体が低下し生理がまともに来ない、無月経状態等の原因がある場合は、カウフマン療法があります。これは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲ ステロンを正常な生理の終わり頃から月経が始まるまでのホルモン動態と同じ形で投与し正常なホルモン動態を投与で再現するという形で行われます。カウフマ ン療法を続けると卵巣が刺激され正常に働く可能性が期待できますが、卵巣機能を改善が目的で排卵させる事ではないのでクロミフェン療法などと併用して行わ れます。 排卵誘発剤には副作用も多く、使用には注意が必要です。

 

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.