冷え性の基礎知識

冷え性とは何なのでしょうか?

冬になれば寒いのは当たり前です。長時間外にいると身体は冷えきってしまいます。 部屋に入って暖めてもなかなか暖まらない。特に手足が冷えているように感じる。これが冷え性の始まりです。 冷え性は、身体の他の部分が暖まり、冷たくないのに対して、手や足の先などがいっこうに暖まらず冷えているような感じが続く事です。 この冷え性は、言い換えると「血行不良」とも言えます。動脈硬化などにより毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、外の気温により、毛細血管が縮んでしまい、元に戻らず血行が悪くなり、血液の行き届きにくい、手や足の先に影響がでます。

 

冷え症ではなく冷え性?

さて冷え性は冷え症ではありません。漢字変換しても冷え性と一番始めに出てくるはずです。「症」この字は病気と判断されたものに対して主に使われます。 ここで間違えていけないのは、冷え性は決して病気ではありません。というより西洋医学では冷え性を病気として扱っていないのです。 ですからお医者さんに行っても、症状に対しての適切な診断はしてくれても、冷え性を治す薬というものは、ほぼ存在しません。 冷え性は普段の食生活、運動から改善できます。生活を一度見直し、適切な環境で生活を送る事が冷え性解決の一番の近道ですね。

 

なぜ冷え性になるのか?

まずはこの原因を探ってみましょう。 冷え性は前項でも少し触れましたが、毛細血管へ暖かい血が流れない状態、血行が悪くなっていることです。人間の身体は、この毛細血管を使って外へ体温を逃がさないようにする機能があります。 ところが、この毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため、冷たくなってしまいます。ではなぜこのような事が起こってしまうのでしょうか?

 

冷え性の原因を探る

衣服等が要因の冷え性

特に女性に多い事です。最近はボディラインにぴったりとした服がはやってます。窮屈な服を着るという事はそれだけ、身体に圧迫をかけるという事。毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。 ゆるい衣服を着ている人。きつい服を着ている人とでは、体温の上昇の仕方が違うという事が実験でも立証されているそうです。

 

食生活が要因の冷え性

食物については後の項で詳しく触れますが、冷え症に逆効果の食べ物があります。これは現代人がとても好んで食べる物ばかりです。例えばファーストフード、チョコレートなどのお菓子。これらは、陰性の食べ物と言われ身体を冷やす効果があるだけでなく、血液をドロドロにし循環を悪くさせる効果もあります。

 

エアコン等の機器が要因の冷え性

人の身体は、その季節、温度、気候に対して体内温度を調節する機能があります。しかしクーラーや暖房の設備に頼りすぎていると、神経機能が鈍り、皮膚から脳に「冷たいや寒い」などの情報がうまく伝えられなくなります。いざという時に身体を暖める血液を送り込む命令を出す、自立神経がうまく機能しなくなります。

 

運動不足・筋力の低下が要因の冷え性

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。また筋力が低下する事によってエアコン等に対する免疫力が弱り、自律神経がうまく働かず、毛細血管を収縮させる原因となります。

 

女性になぜ多いのか

冷え性は、もちろん男性にも症状が出ますが、比較的女性に多い傾向があります。ではなぜ女性は冷え性になりやすいのでしょうか?

女性ホルモンとの密接な関係

冷え性の大きな原因の一つ、自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスの乱れが理由の一つです。 特に女性ホルモンが乱れる時期は、妊娠時と更年期時です。この時期が原因で冷え性になる事がよくあります。また身体に無理なダイエットは、月経不順を招くと共に、冷え症を併発する危険性があります。

衣服の関係

男性は割とゆったり目の服を着る事が多いと思いますが、最近の流行もあり、女性は身体にぴったりとした服を着る傾向にあります。 前項でも述べましたがこのようなピッタリとした服は、身体を締め付け、血液の流れを悪くする効果があります。 また、ミニスカートなどの薄着ファッションが身体を急激に冷やしてしまう為、冷え症が発生しやすいという訳です。

血圧(低血圧)の問題

これも大きくダイエットに関わってくる事ですが、低血圧の方、もしくは低血圧になってしまった方は、血液を運ぶ力が他の人よりない事になります。という事は通常の方よりも体力が落ちてしまうという事です。 またダイエットにより栄養不足になり、貧血を起こしたりする方もいます。貧血は体内の血液が足らない信号です。ちゃんとした食事法のダイエットが必要だと言えます。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.