冷え性と食べ物

冷え性と食べ物は重要な繋がりがある

食べ物には身体を暖める「陽性」の食べ物と、身体を冷やす「陰性」の食べ物、そのどちらでもない「中性」の食べ物があります。 主に冷え性の方は身体を暖める陽性の食べ物を取るべきなのですが、現代人が簡単に口にできるのは、どちらかと言うと「陰性」の食べ物が多いようです。 各食べ物にはどんな特徴があるかをしっかりと覚え、冷え性改善に効果のある食べ物を取るようにしましょう。

 

陽性の食べ物

冷え性を改善する、すなわち身体を暖める食べ物「陽性」の食物は、寒い地方で採れる物。冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。 代表的な例をあげると、しょうが、ねぎ、にんにく、こんにゃく、ごぼうなどがあります。 また、陽性の食材には、血液をサラサラにする効果がある食物と、ドロドロにし循環を悪くする食べ物とがあります。血液の流れを悪くする食物を取りすぎないように気を付けましょう。

陰性の食べ物

陰性の食べ物は冷え性の方にとって天敵とも言える食材です。まず、身体を冷やします。中には冷やすだけでなく血液をドロドロにし循環を悪くさせる食べ物があります。 これら陰性の食物の特徴は、暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜などです。生野菜は身体を冷やす効果があるので、冷え性の方は、料理して摂取する事をおすすめします。 陰性の食材には、大豆、豆乳、コーヒーを筆頭に合成甘味料、砂糖、スナック菓子、チョコレートなどがあります。これら後半の食材は血液をドロドロにする効果があるので、気を付けましょう。

中性の食べ物

中性の食べ物は、身体を冷やす事も逆に暖める事もしません。これらの食材は主食として適していると言えます。代表的な種類は、玄米、むぎなどです。玄米生活を始める!というのも手かもしれません。

 

冷え性に効果のある食物

冷え性に効果のある食べ物。それを「陽性」の食べ物と呼びます。この陽性の食べ物は身体を暖める効果があり、習慣的に取る事で冷え性を改善する事ができます。身体を暖める食べ物「陽性」の食物は、寒い地方で採れる物。冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。ここでは、冷え性に効果のある「陽性」の食べ物をご紹介します。

 

避けた方がよい食物

冷え性の方は、なるべく避けた方がいい食物、それを「陰性」の食べ物と呼びます。 陰性の食べ物は、取る事により身体を冷やす効果があります。陰性の食べ物を摂取し続けるという事は、冷え性を悪化させるという事になります。 身体を暖める食べ物「陰性」の食物は、暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜などです。ここでは、冷え性の方は避けた方がよい「陰性」の食べ物をご紹介します。

 

冷え性とビタミン・ミネラル

陽性の食べ物や陰性の食べ物も重要ですが、食べ物に含まれるビタミンも冷え性を改善する効果があります。ここでは、代表的なビタミンを紹介します。

ビタミンB1

糖質を燃やし身体を動かすエネルギーを生み、体熱を効果的に生み出すビタミンです。 ビタミンB1は「豚肉、マグロ、卵、ゴマ、ほうれん草、レバー、イワシ、焼き海苔」などに含まれています。 ニンニクやニラなどと一緒に摂取する事によりアリシンという成分が、ビタミンB1の吸収を手助けしてくれます。

ビタミンE

ビタミンEは血液をサラサラにする効果があります。また、血行をよくする為の毛細血管を広げ、からだを暖める効果があります。 冷え症だけでなく、肩こりや更年期障害、成人病予防にも使用されていると言われ、幅広く身体を調整する為に役立っています。 このビタミンEをよく含んでいる食物は「イワシ、カボチャ、ほうれん草、タラコ」などです。油と一緒に摂取すると吸収率がいいという事も特徴の一つです。

鉄分

鉄分は、体内の体温を下げる事を防ぎます。また血液中のヘモグロビンの成分でもある為、身体中に酸素を送り、貧血や体力不足から身体を救います。 女性に貧血が多いのは、月経などによる生理現象の為、この鉄分が不足してしまうからです。鉄分が不足すれば酸素を運ぶ力がなくなり、体力不足、冷え症の原因にもなります。鉄分を多く含む食材は「レバー、イワシ、ほうれん草、カキ、のり、豆腐」などです。お茶や紅茶は鉄の吸収を妨げる効果があるので、食事をとる際は気を付けましょう。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.