冷え性対策

暖まるお風呂の作り方

冷え性予防の一つ!お風呂に入りましょう。特に一人暮らしの方。面倒だからといってシャワーだけでお風呂をすませてませんか?湯船をしっかり張り、入浴する事が大切です。お風呂は、全身を暖めるだけでなく、冷たくなり収縮した毛細血管を広げ、血行を良くし、冷え性改善の手助けをしてくれます。ここでは、身体に良いお風呂の作り方を説明します。

 

お湯の温度・熱さを調節

寒いから、熱い湯に入ろう!と思いがちですが、これは、逆効果です。お湯が熱い為長時間入っている事ができず、身体の皮膚しか暖まらず、すぐに湯冷めしてしまいます。 ちょっとぬるめ、40度前後の熱さが丁度よい湯加減です。

入浴剤

ただのお湯に浸かるだけでは、なんとなく飽きてしまうと思います。そこで市販で売られている入浴剤などを入れてみてはいかがでしょうか?入浴剤にも色々な効果があります また、みかんの皮やレモンなどをお湯に浸けて入ってみて下さい。みかんやレモンの皮には身体の保温効果を高める作用があります。 さらにはお酒やお酢を入れるといった入浴方法があります。お酒やお酢は、毛穴の脂肪や老廃物を溶かす作用があり、新陳代謝を高めてくれる効果があります。 また最近では新陳代謝を高め、発汗作用のあるゲルマニウム入浴剤など人気があるようです。

 

効果ある入浴方法

せっかく良いお湯の状態を保っていても正しい入浴方法でなければ、意味がありません。前項でも述べましたが熱い湯には長時間入っていられません。適温で長時間入浴する事が基本なのです。

半身浴

身体の上半身をお湯から出して入る入浴方法の事です。湯船に下半身だけ浸かります。心臓から遠い下半身を長時間ゆっくりと暖める事で、溜まっていた血液の流れをよくさせ、全身に巡らせるようにします。 血液が全身に巡る事によって身体が暖まります。

温冷交代浴

先ほどは、熱い湯に入る事は、あまりよくないと述べましたが、何回にも分けて熱い湯に入る方法があります。熱い湯にしっかり入り、湯船から出た後すぐに、冷たい水を足や手にかけます。これを約5回程繰り返します。熱を吸収した血管が冷水をかける事により、血管が収縮し、その熱を閉じこめ、暖かさを保つというわけです。 これはサウナにも言える事ですね。サウナの近隣によく冷水が置いてあると思いますが、これは上記の原理と同じ事です。サウナで十分に身体を熱した後、冷水に入る事により、体内へ熱を蓄積させる事ができます。

足指体操

入浴中、余裕があれば足の指を動かす事をおすすめします。足の指を開いたり、閉じたりして自律神経の活性化を促しましょう。

足湯

時間がない時はちょっとした時には足湯だけでも効果があります。足湯は、42度~43度程のちょっと熱いかなと思うくらいの温度が適温です。

入浴後は

身体を冷やさないよう、髪の毛を乾かしたり、足には靴下などを着用して下さい。湯冷めしては逆効果になります。

 

漢方薬について

その他、口にするもので、冷え性を改善する方法は、漢方薬などがあります。 漢方薬は、この食材「陽性」の食べ物と「陰性」の食べ物を利用して調合された薬です。漢方薬は、手軽に飲む事ができる為、食生活を変えづらい方にはおすすめです。しかし、効果は人それぞれになりますし、何より飲み続けなければいけません。 漢方薬、「薬」と書いてありますが、実際は病気を治す薬ではないからです。基本的な考え方は、飲み続ける事によって体質を改善するといった考え方の方がいいかもしれませんが急激に治る!といった効果は期待できないと思います。

 

生姜を飲む

冷え性に効果のある食べ物で、生姜を紹介しましたが、ここではもうちょっと生姜について掘り下げてみたいと思います。 冷え性の友人が漢方の医療に通っているんですが、冷え性に詳しいそこの医師も生姜をすすめているそうです。 そもそも生姜がなぜ冷え性にいいか? これは生姜に含まれる「ジンゲロン」が左右していると言われています。 生姜を口にすると、全身からカーッとなる感覚がありませんか?このジンゲロンは身体の発汗作用を強烈に促す効果があります。 この効果が身体に良いとされ、冷え性改善の代表的な食べ物になっているというわけです。しかし生姜は非常に口に入れづらい癖のある味があります。好きな方はいいんですが、嫌いな方は中々受け付けられないもの。 そんな方は生姜のサプリメントや生姜紅茶などにして召し上がるのがいいかもしれません。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.