衣服による冷え性対策

冷え性に効果のある衣服

冷えをしのぐ為には、衣服は大切です。特に寒い冬場に薄着をする方もいらっしゃいますが、冷え症の方は、確実に身体の冷えにつながっていくという事を忘れないようにしましょう。

 

首を暖める

首は頭へ血液を送る為に通過する大切な部位です。首は頭を支えている為、常に筋肉が緊張し血液が滞りやすい部分ですから、マフラーやスカーフ等で暖めるようにします。

重ね着をして身体を暖める

重ね着は保温効果を促進します。一番下は、汗などを吸水しやすいTシャツ、もしくはインナー等を身につけ、その上に長袖のシャツ等を着るようにします。衣服を1枚で着る事は、なるべく避けましょう。

足を暖める

足は血液の巡りは非常に悪く、皮膚の温度が室内くらいまで下がってしまう。まずは、保温性のある靴下やタイツをはく事。また女性がよく冬場にはくブーツは、保温性がよい為おすすめですが、ヒールの高いものや、足首やふくらはぎに余裕のないブーツは避けましょう。足を締め付ける行為は、血液の流れを悪くします。

腹巻き

さて、ここで一度自分のお腹を触ってみましょう。いかがですか? 座り仕事をしている方は、多分暖かくなっていると思います。しかし、こういった動かない方が運動や歩行により汗をかいた時はどうでしょうか? 一度汗をかいた時のお腹に触れてみて下さい。冷え性の方は、多分お腹が冷たくなっているはずです。 お腹は、手や足に続き、冷えを訴えている箇所と言えます。運動などによりしっかり汗をかいたはずなのになぜかお腹が冷たいのは、芯が暖まっていないからです。 例えば、暑い時にどうしますか?大抵の人は冷たい飲み物を飲んだり、涼しい風に直接あたったりすると思います。そういった行為を繰り返す事により、新陳代謝や血のめぐりが悪くなり、芯から暖まっていないお腹が冷えるのです。 お腹の冷えは、手や足に比べると気がつきにくい箇所です。せっかく手や足を暖めているのに、寝る時の格好がTシャツであったり、ズボンの裾からシャツを出したり等の格好で寝てしまっては、大事なお腹が冷えてしまいます。 お腹を暖めるのに効果的なのが「腹巻き」です。朝がだるい・・等の症状がある方は、一度腹巻きをして寝てみましょう。 ところで最近は、遠赤外線やゲルマニウム効果など、機能性のある腹巻がある事をご存知ですか?遠赤外線放射繊維の力で、一般的な腹巻よりもずっと暖かにしてくれる効果があるんですよ。特にお腹が冷えるという冷え性の方は、機能性腹巻についてチェックしてみてください。

湯たんぽで冷え性改善

冬場、寒いからといって靴下を履いて寝ている人はいませんか? 一般的に靴下を履いて寝るのは効果がありそうに思いますが、実はその逆です。靴下を履いて寝てしまうと身体の体温調節がくるってしまい、かえって冷えを促進してしまう可能性があります。 じゃあ寒い夜に足元はどうしたらいいか?
私は湯たんぽをお勧めします。 湯たんぽは節電にもなりますし持ち運びも非常にラクです。 最近では、湯たんぽが見直され、リラックス効果などもあると言われています。 また暖房のように部屋を乾燥させる事なく身体を温めてくれますので、風邪などにもかかる心配がありませんね。環境・身体・家計にやさしい湯たんぽをぜひ試してみてください。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.