よもぎ蒸しについて

これからママを目指す女性にとって、大敵なのは〝冷え〞。でも、「手足の先も冷たくないし、汗もしっかりかくほうだから、きっと私は大丈夫」と、冷え性を誤解している人も少なくないのでは。「内寒」という、内臓が冷たくなっているタイプの冷えもあります。寒い季節に手足が冷えるのならわかりやすいのですが、内寒の場合は自分が冷え性であることに気づかないことも。月経時に下痢をする、下腹部の痛みが強いといったことがあれば、まず〝冷え性〞を疑って間違いないでしょう.

また、”冷え”に悩む女性が多いのは、男性と比べて女性は筋肉量が少なく、血液の循環が悪くなりやすいこと、女性の骨盤には子宮や卵巣が入っていて窮屈な状態にあることが主な理由だそうです。

冷え性であることに気づかずにそのままにしていると、妊娠しにくい体質を招いてしまうばかりでなく、妊娠しても胎児に栄養が行き届かなかったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってまいます。今のうちに、できるだけ体に優しく、安全に改善するために、注目したいのが〝よもぎ〞です。

 

「よもぎは、漢方薬としては艾葉(がいよう)といい、古くから婦人科の要薬として役立てられてきました。その効能は、温経散寒(経絡を温め、寒さを散らす)作用による生理痛の改善、止血作用による月経過多や不正出血を防ぐなど実に多様。流産の予防にも使われるなど、まさに女性の健康を支えるためにある薬草といえるでしょう。

長年使用されてきたことがその効果の証とも言えますが、現代では科学的にもその効能が証明されています。血行促進の働きをしているのは、芳香成分のシオネール。脳神経を鎮静化し、リラックスさせることで過緊張を緩和し、血行を促進させているのです。なかでもなじみが深いのは、お灸。材料となるもぐさは、よもぎの葉を綿状にしたものです。また韓国では婦人病に良いとして「よもぎ蒸し」という民間療法もあります。

「女性は跡などを気にしてお灸での治療を敬遠しがちですが、温めて気持ちよいと感じる部分は、お灸以外でも、何らかの方法でぜひ温めてもらいたいですね。 日常生活でも、冷たい飲み物などは避け、体を温める生姜や根菜類をとる、シャワーだけで済まさずに湯船に浸かることなどを心がけるといいでしょう。 実際に当院ではでは「よもぎ蒸し」が人気なんです。
「直接的に骨盤回りを温めることができます。”よもぎ蒸し”を体験した方が、『体が内側から温まった』という報告を聞いています。鍼や加圧の施術に組み合わせる事ができるので、喜ばれております。
“よもぎ蒸し”で温める部分には会陰(えいん)というツボがあり、鍼やお灸を直接するのは刺激が強すぎるといわれる場所ですが、それだけ効果が出やすいともいえるでしょう。鍼もお灸もできない場所だから、このような方法で温めてあげることで、効果が期待できそうです。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.