更年期障害の基礎知識

更年期とは

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。 具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指しています。 今、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいですから、40代半ばから50代半ばまでの期間が、更年期にあたりますが、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。

 

更年期障害

思春期の女性の卵巣には、数十万個の卵胞があります。しかし、40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれていま す。その減少とともに、卵巣の機能も衰えてきます。 それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの量が徐々に減少してくるのです。これだけでも体のホルモン環境は変化するわけです。

さらに卵巣から十分にホルモンが分泌されないにもかかわらず、脳下垂体からは性腺刺激ホルモンがホルモンが分泌され、女性ホルモンのバランスが乱れます。 そうすると、自律神経の働きや情動まで影響を受け、様々な症状が襲ってきます。これが更年期障害です。 30代後半から更年期障害の症状が見られるケース 更年期を迎えた人でも、体に変調をきたすといったこともなく、更年期がほとんど気にならない人もいれば、寝込むほど調子が悪くなる人、日常生活も満足にで きない人など様々です。ところが、30代後半から更年期障害の症状が見られ、生活に支障をきたす人がいます。このケースは、 若いころに無理なダイエットを繰り返したり、不規則な生活や食事を続けてきた人が、体力の落ち始める30代後半に、ホルモンのバランスが乱れ始めるといっ たことが原因になっています。

 

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、非常に多岐にわたるのが特徴です。自律神経の働きが乱れて起こるのがホット・フラッシュ、いわゆるのぼせと発汗です。 上半身が暑くなり、発汗します。手足の冷えや耳鳴りなども多い症状です。
また 、頭痛、肩こり、腰痛、疲労倦怠感、トイレが近い、腟や尿道がヒリヒリする、性交痛なども多い症状です。 そしてイライラしたり何でもクヨクヨ考え込んでしまう、気分が落ち込んで鬱になるといった精神症状も更年期に現れやすい症状です。

 

ホットフラッシュ

更年期障害の代表的な症状です。いわゆる更年期障害の中でも最も多いもので、「のぼせ」「ほてり」と呼ばれる症状です。 「のぼせ」は、頭に血が上ったような状態を指しますが、その出方は人によって様々です。決まった時間に起こる人、仕事を始めようとすると起こる人、突然、何の前触れもなく起こる人など決まった形はありません。 「ほてり」は、体がカーとなって、体がほてって、顔が紅潮し汗をかきます。冬にもかかわらず、窓を開けたりして暑がる人も中にはいます。 一般的には、顔の周辺に汗をかきやすい人が多いようです。また、午前よりは午後の報が症状が出やすいようです。

 

冷え

「冷え」も更年期にはよく見られる症状のひとつです。この原因は、のぼせと同じく自律神経の失調に失調によって起こる症状です。 「冷え」は、更年期だけではなく、思春期などでも見られ、その原因は、ホルモンのバランスの崩れによります。 「冷え」があまりに強い場合は、子宮筋腫や心臓病などの病気が原因の場合もありますから、注意が必要です。

 

肩こり・腰痛・背中の痛み

体の様々ところが痛むというのも更年期によく見られる症状です。特に肩こり・腰痛・背中の痛みは、更年期の特徴的な症状といえるでしょう。 これらは、血液の循環が悪くなることが原因です。ですから、良く体を動かすといった血液の循環を促すことによって、症状を和らげることができます。 また、整体やカイロプラクティックなどで、改善してもらうのも一つの方法です。日頃から散歩やウォーキングの習慣をつけておくのも大切なことです。また、肩こり体操や腰痛体操も知っておくと便利です。

 

疲労感・疲れやすい

ホルモン分泌のバランスの崩れによる肉体的変調に加えて、更年期には、取り巻く環境によって、肉体的だけではなく、精神的にも疲れやすいといったことも多くあります。年齢的にも、家庭や仕事場でストレスが高まる時期でもあり、いつも何となくだるいといった症状を訴えることもあります。 また、夫婦関係で、夫が自分の悩みを聞いてくれないといった不満や失望感も精神的に落ち込む原因となります。

 

めまい

揺れの激しい船に乗っているようなふらふらするめまいは、更年期の女性が悩まされる「めまい」の特徴を良く言い当てています。 めまいが起きたときは、静かに横になっていれば直ります。 少し薄暗くした方が落ち着きます。ただし、めまいは、耳の病気や脳梗塞の場合も起きるものですから、更年期によるものだと決めつけない方がいいでしょう。

 

気持ちが落ち込む

これまでと違って、様々な体の変調をきたす更年期になると、それが原因となって、何をやっても気持ちが落ち込むということがあります。 こんな時は、気の置けない友達と楽しい会話をしたり、何か没頭できる趣味のようなものをするというのも効果的です。 このように、気分転換ができる方法を持っているというのは、更年期を乗り切る上で大切なことです。

 

婦人科の異常

不正出血、外陰部ののかゆみ、おりものなどがなどが婦人科の異常な症状です。 不正出血は、卵巣の働きが弱まることで起き、おりものは、女性ホルモンのエストラゲンの分泌が少なくなることでで起きます。 ただ、婦人科の異常な症状が見られるときは、子宮筋腫などの病気の疑いもありますから、必ず婦人科を受診するようにしましょう。

Copyright© 2012 不妊症は鍼灸治療で改善 東京・日本橋人形町|サーナ治療院 All Rights Reserved.